2019世界環境デーinいなか浜

屋久島・ウミガメの浜を守れ

「24時間テレビ」地球環境保護支援鹿児島プロジェクト
2019世界環境デーinいなか浜 屋久島・ウミガメの浜を守れ
場所
永田 いなか浜
日時
2019年6月1日土曜日 10:00から(小雨決行)
雨天の場合は6月2日に延期
集合
いなか浜トイレ横駐車場
お申し込みは不要です。当日集合。
持ち物
清掃に必要な道具(軍手・火バサミ)を各自でご用意ください。
ゴミ袋はこちらで用意します
主催
NPO法人屋久島うみがめ館、24時間テレビチャリティー委員会
共催
(公財)屋久島環境文化財団、屋久島観光協会、永田区、アサヒビール(株)鹿児島支社、キリンビール(株)鹿児島支社、JP労組種子屋久支部、ボランティアグループ平和の会、 屋久島ガイド連絡協議会、屋久島水域ガイド連盟、屋久島セーフティーシーカヤック協会、屋久島永田お宿組合(順不同)
後援
屋久島町
お問合せ
NPO屋久島うみがめ館 事務局
0977-49-6550
開館 09:00-17:30 火曜日休館

ウミガメを取り巻く環境

いなか浜ウミガメグラフ
永田地区(いなか浜、前浜)におけるウミガメ上陸、産卵回数

環境が悪くなるほど上陸回数と産卵回数の差が大きくなります。
なぜ、永田地区で産卵率が伸び悩んでいるのでしょうか?
ウミガメが上陸しても産卵できず、海に戻る原因は何なのでしょうか?

いなか浜ウミガメ減少原因
原因は。。

お母さんウミガメが安心して産卵できるよう、あたたかく見守ってください。

浜で産み落とされた卵のうち 海に帰っていくことのできない子ガメが60%前後。

ウミガメ観察会のご案内

2019年、屋久島うみがめ館は、真のウミガメ保護の視点から活動継続を決めました。 運営資金の不足とウミガメに関する啓発を行うために、ウミガメに負荷のかからない観察会を行うことにしました。
皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

ウミガメ観察会 はこちら

永田浜のウミガメは自然公園法、鹿児島県ウミガメ保護条例によって保護されています。
無断でウミガメの捕獲や飼育、卵を採取することは禁止されています。