HOME
2017活動報告

 *** 2017 ***
line
6月9日
◇いなか浜:アオウミガメ初上陸・戻り(6/10初産卵)
昨年より7日遅い上陸・8日遅い産卵
ジェーン4年ぶりに上陸

◇採卵:アオウミガメ1巣
→6/10倉庫人工ふ化器へ

◇いなか浜:A地区タイドプールにはまったアカウミガメ救出(1:05帰海)
6月11日
◇流出直前卵・流出卵:四ツ瀬浜
→川の浜垣で崩れ海へ帰す(約50個)

◇四ツ瀬浜:アオウミガメ初上陸・戻り
 昨年より11日早い上陸

◇採卵:アカウミガメ4巣
→6/12倉庫人工ふ化器へ
6月11日
◇流出直前卵・流出卵:四ツ瀬浜
→川の浜垣で崩れ海へ帰す(約50個)

◇四ツ瀬浜:アオウミガメ初上陸・戻り
 昨年より11日早い上陸

◇採卵:アカウミガメ4巣
→6/12倉庫人工ふ化器へ

6月17日
◇ハネアリ発生(永田地区)

6月20日

◇いなか浜A地区:梅雨前線の影響で、トイレ横の川が海へ貫通

6月3日
◇浜清掃前、劇団シンデレラによるミュージカル公演

◇いなか浜清掃(世界環境デー):共催など17団体(参加者164名)
   主催:当館 24時間テレビチャリティー委員会
   共催:キリンビール株式会社鹿児島支社、うみがめのたまご、 永田区、アサヒビール株式会社 鹿児島支社、
   JP労組種子屋久支部、屋久島セーフティーシーカヤック協会、屋久島永田お宿組合、
       屋久島ガイド連絡協議会、屋久島スタンドアップパドルボード協会、屋久島パークボランティアの会、
      (公益財団法人)屋久島環境文化財団、永田ウミガメ連絡協議会、    後援:屋久島町
     
   可燃ゴミ12袋、不燃ゴミ3袋、漁具複数、流木約50kg


 晴天に恵まれ、暑い中でしたが島内各所の皆様、劇団シンデレラの公演を見に来てくれた多くの子どもたちのおか  げで綺麗な浜になりました。
6月5日
◇四ツ瀬浜:突堤から仰向けに転落したアカウミガメ救出(15:00帰海)

6月6日
◇九州地方梅雨入り

6月7日

◇いなか浜:A地区タイドプールにはまったアカウミガメ救出(22:17帰海)
5月9日
◇一湊(一ツ浜):アカウミガメ初上陸・戻り(5/12初産卵)
昨年より9日遅い上陸・12日遅い産卵


5月12日
◇中間浜:アカウミガメ初上陸・初産卵
昨年より16日遅い上陸・産卵

5月14日

◇浜の定点撮影


5月16日
◇鹿児島県・屋久島町によるウミガメ保護監視業務開始(9/30までの 内70日間)
永田区:いなか浜      
当館:前浜
5月18日
◇田代浜:アカウミガメ初上陸・戻り(5/27初産卵)
昨年より7日遅い上陸・16日遅い産卵


5月23日
◇慰労会・送別会(参加者8名
)

5月28日
◇平和町海岸:アカウミガメ初上陸・初産卵
昨年より9日遅い上陸・11日早い産卵


◇サゴシ浜:アオウミガメ初上陸・戻り
昨年より4日遅い上陸



5月29日
◇四ツ瀬浜:浜垣から川の岩場に仰向けに転落したアカウミガメ救出(10:45帰海)


◇永田港(永田の塩工場前)から転落したアカウミガメ救出(0:42帰海)
6月2日
◇いなか浜:A地区タイドプールにはまったアカウミガメ救出(8:35帰海)


4月28日
◇南知多ビーチランドより1年飼育のウミガメ里帰りアカウミガメ3匹
→5/3いなか浜より放流(参加者7名)
→5/5いなか浜より放流(参加者8名)



◇学習会:屋久島町立一湊小学校3・4年生(12名)

4月30日
◇吉田浜:アカウミガメ初上陸・戻り
昨年より2日遅い上陸
5月1日
◇環境省によるウミガメに与えるタヌキの影響実態調査業務開始(9/30まで)
いなか浜・前浜・四ツ瀬浜(5/1〜センサーカメラ設置)


◇永田ウミガメ保全協議会による「屋久島永田浜ウミガメ 観察ルールガイド2017」開始(8/31まで)

◇永田ウミガメ連絡協議会による「2017ウミガメ観察会」開始 (8/31まで) 
当館は資料館提供と柵外の卵の移植を担当
5月3日
◇四ツ瀬浜清掃:参加者7名(当館4名)
燃えるゴミ2袋、燃えないゴミ3袋



清掃後、しゃか祭りに参加

5月4日
◇川口浜:アカウミガメ初上陸・戻り(5/17初産卵)
  昨年より5日遅い上陸・昨年と同日産卵


5月5日
◇かもめ体育教室来館(39名)

4月21日
◇いなか浜:アカウミガメ初上陸・初産卵
昨年より5日遅い上陸・2日遅い産卵


◇一湊(二ツ浜)
:アカウミガメ初上陸・初産卵
昨年より9日早い上陸・産卵

4月22日
◇子ガメ保護柵設置(19名)
  環境省、屋久島町、
屋久島事務所、(公財)屋久島環境文化財団、(公社)観光協会、当館
 
 いなか浜:(キャンプ場Eポール下〜北東側)幅192.5m
       奥行き29.1m〜31.7m
      (ハッピー下〜南西側28.7m (奥行き9.4m〜10.0m)
 前浜:(EF境〜北東側)幅33.0m (奥行き16.6m〜16.8m)
 昨年より更に8日早い設置 

◇子ガメ保護柵設置後、四ツ瀬清掃(参加者19名)

 みなさんのご協力により、長期間ゴミが溜まってしまっていた四ツ瀬浜の清 掃をすることができました。 

4月24日
◇サゴシ浜:アカウミガメ初上陸・初産卵
昨年より13日早い上陸・産卵

4月15日
◇屋久島海祭り
 いなか浜清掃:参加者73名(当館5名参加)
 主催:(公社)屋久島観光協会
 燃えるゴミ40袋、燃えないゴミ10袋、流木約10t、漁具約2.5t
 流れ藻1.5t
  

 

4月20日
◇子ガメ保護柵設置のための目印杭設置(参加者5名)

◇はざこネイチャーセンター(NPO法人おおいた環境保全フォーラム)より2年飼育幼体のウミガメ里帰りアオウミガメ2匹
→4/21いなか浜より放流(参加者7名)

4月20日
◇砂中温度計設置
  いなか浜:2個×2地点(40cm・60cm)
  前浜:2個×2地点(40cm・60cm)

■4月12日
◇第1回勉強会永田ウミガメ連絡協議会(参加者17名)
(当館6名参加)
2017年ウミガメ観察会のための勉強会「館内レクチャー練習」


→4/20第2回勉強会(参加者15名)(当館7名)
「待機場所レクチャー練習」
4月13日
◇前浜:アカウミガメ初上陸・戻り(4/16初産卵)
昨年より4日早い上陸・1日早い産卵

4月13日〜4月14日
◇浜の定点撮影(全島10箇所)
大川の浜、サゴシ浜、栗生浜、中間浜、田代浜、楠川浜、平和町海岸、二ツ浜、一ツ浜、吉田浜

4月14日
◇四ツ瀬浜:アカウミガメ初上陸・戻り
昨年より12日早い上陸


◇浜の定点撮影

3月13日〜3月15日
◇東京実業高等学校来館(314名)

浜・バス内でレクチャー
3月16日

◇浜の定点撮影
3月22日
◇栗生浜:アカウミガメ初上陸・戻り
  昨年より32日早い上陸
3月27日〜4月18日
◇前浜F地区:養浜工事開始
永田川河口の砂を砂山に戻す工事

3月28日
◇公益財団法人イオンワンパーセントクラブ来館(48名)
2月18日
◇第16回定例理事会(参加者5名)
第16回定時社員総会(参加者9名)
◇総会後、日俊郎氏講演(参加者18名)
「10年の軌跡〜私と屋久島うみがめ館」
◇講演会後、懇親会(参加者30名)



2月25日〜26日
◇第5回九州ウミガメ会議in種子島:参加者22名(当館6名参加)
「2016年屋久島永田浜のウミガメ上陸産卵状況」丸野宏夏 口頭発表
◇会議後、懇親会



◇海岸視察(浦田海水浴場・浜脇海岸)参加者13名
3月4日
◇抵抗性クロマツ植樹:永田公園、いなか浜、一湊海岸(一ツ浜、二ツ浜)、大浦海岸周辺(計100本)ヘキサチューブ設置(8本)
協力:一湊を語る会、屋久島町立一湊小学校、一湊サッカースポーツ少年団(参加者28名)


各浜植樹中に気になるゴミの回収
燃えるゴミ5袋、燃えないゴミ2袋
3月5日
◇シャチ死体漂着:いなか浜 ハッピー下


体長7m20cm
1月1日
◇いなか浜:アオウミガメ季節外れの上陸
 屋久島今シーズン初上陸・戻り(1/3初産卵)
 昨年より125日早い上陸・123日早い産卵

1月11日
◇仕事始め

1月16日
◇浜の定点撮影

1月18日
◇海水温測定開始(21.1度)
2月3日
◇劇団シンデレラ来館(6名)


6月3日(土)いなか浜で公演予定

2月5日
◇八重岳の里あるき:参加者○名、(当館1名参加)
主催:永田区
2月6日〜3月1日
◇前浜F地区:養浜工事開始
台風により永田川に流出した砂を砂山に戻す工事




2月13日
◇浜の定点撮影
line
 ご紹介している活動内容は、当法人の活動の一部です。詳細は、うみがめ通信、報告書にてご報告しております。これらは、賛助会員となられた方へお送りしているもので、興味のある方は、ぜひご加入いただきますと幸いです。


line
Copyright (C) 1985- 2017Yakushima Umigame-kan NPO. All rights reserved
ページTop HOME